月別アーカイブ


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


プロフィール

NOMUKEN

Author:NOMUKEN
舞台のこと中心に、映画、サッカー、椎名林檎・東京事変のことなどを気ままに書いています

トラックバック・コメントは御自由にどうぞ
ただし私が好ましくないと判断したものは削除させていただきます


カテゴリー


ブロとも申請フォーム


DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:舞台情報
出演者が豪華!!
楽しみです!!


「タンゴ・冬の終わりに」
シアターコクーン 2006年11月4日~29日
作:清水邦夫
演出:蜷川幸雄
出演:堤真一、常盤貴子、秋山菜津子、毬谷友子、高橋洋、月川悠貴、新橋耐子、沢竜二、段田安則
スポンサーサイト

テーマ : 演劇 - ジャンル : 学問・文化・芸術

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:観劇(2005-2006)
ヴァージニア・ウルフなんかこわくない?
シアターコクーン 6月27日(火)18:30開演 特設S席Z1列(1~3列目)
[作]エドワード・オルビー [翻訳]徐賀世子 [演出]ケラリーノ・サンドロヴィッチ
[出演]
大竹しのぶ ・・・・・ マーサ
段田安則・・・・・ジョージ
稲垣吾郎・・・・・ニック
ともさかりえ・・・・・ハネー

初日に続いて2度目の観劇。
前回とは反対側の席でしたが、Z3列側の方が表情が見られるシーンが多くてよかったです。

大竹しのぶさんの迫力ある芝居を間近で見られただけで満足です。

マーサとジョージの間に本当の子供ができなかった理由はなんなのだろう?(本当の子供がいなかったかどうかもわからないんだけど)だから想像上で子供を作り上げたのだろうか?その子供はのどちらが作り上げたのだろう?
最後はハッピー・エンドとも、そうでないとも。
最後のジョージの「ヴァージニア・ウルフなんかこわくない♪」に対するマーサの「怖いわ」という台詞が印象に残りました。


「ヴァージニア・ウルフなんかこわくない?」 初日6/5観劇記
http://nomuken.blog37.fc2.com/blog-entry-242.html

テーマ : 観劇 - ジャンル : 学問・文化・芸術

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:観劇(2005-2006)
アトリエ・ダンカン プロデュース
ロンドン・ミュージカル『OUR HOUSE』
新国立劇場 中劇場 2006年6月25日(日)14:00
S席1階5~8列(センター)
作:ティム・ファース 音楽:マッドネス 演出・翻訳:G2
監修・翻訳・訳詞:青井陽治 訳詞:後藤ひろひと
音楽監督:長谷川雅大 振付:本山新之助 JuNGLE 
出演:中川晃教、池田有希子、池田成志、坂元健児、新納慎也、入絵加奈子、瀬戸カトリーヌ、後藤ひろひと、香寿たつき、今井清隆、西村直人、小西のりゆき、香取新一、坂口晋作、篠原正志、中野順一朗、原慎一郎、安江友和、小鈴まさ記、小野妃香里、山崎ちか、ももさわゆうこ、中川菜緒子、池谷京子、染谷妃波、JuNGLE

マッドネスの曲が私にはあまり合わなかったようですが、池田成志さんがいい味で楽しめました。

テーマ : ミュージカル - ジャンル : 学問・文化・芸術

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:音楽
毬谷友子Live2006 「HEALING」
南青山MANDALA 2006年6月23日(金)19:30
ゲスト:Sapatos(木村純、三四郎)

昨年のLiveに続き2度目でした。
昨年の蜷川さん演出の『天保十二年のシェイクスピア』で歌われずにカットされたという曲を、「悔しいから今日歌っちゃいます!」ということでピアノの弾き語りで聴けたのは嬉しかったです。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:観劇(2005-2006)
SHINKANSEN☆RS『メタル マクベス』
青山劇場 2006年6月18日(日)12:30
S席1階N~Q列(サブセンター)

昨日より後方でしたが、こちらからの方が観やすい席でした。
東京公演8度目の観劇になりましたが、公演ごとに進化していって観る度によくなっていき、毎度楽しめる舞台でした。
2幕は、松さんと北村さんの芝居に感動です。森山さんは公演最初のころよりだんだん芝居がよくなっていくのを感じました。

カーテンコールでは、メタルマクベスバンドで「リンスはお湯に溶かして使え」と「ダイエースプレー買うてこいや」をやってくれました!!
新感線恒例の煎餅は、ひとり1枚ずつあるとのことだったけど、ゲットできず・・・



テーマ : 劇団☆新感線 - ジャンル : 学問・文化・芸術

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:観劇(2005-2006)
SHINKANSEN☆RS『メタル マクベス』
青山劇場 2006年6月17日(土)12:30
S席1階B~E列(サブセンター)

もう少し後方のセンター寄りが観やすいなって思いました。
東京公演は、この日も含めてだいぶ予定外の観劇になりました。
明日は東京千秋楽!!

テーマ : 劇団☆新感線 - ジャンル : 学問・文化・芸術

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:音楽
「マイケル・ナイマン・バンド コンサート2006」
ゲスト:中川晃教
日本青年館大ホール 2006年6月11日17:00

■1部
「ひかりのまち」 マイケル・ウィンターボトム監督作品(1999)
「ことの終わり」 ニール・ジョーダン監督作品(1999) ゴールデン・グローブ音楽賞ノミネート
「めぐり逢う大地」 マイケル・ウィンターボトム監督作品(2000)
「プロスペローの本」 ピーター・グリーナウェイ監督作品(1991)
■2部
「ピアノ・レッスン」 ジェーン・カンピオン監督作品(1993) ゴールデン・グローブ音楽賞ノミネート
「バードワーク」 1984年初演
「数に溺れて」 ピーター・グリーナウェイ監督作品(1988)
「エレンディラ」 (世界初演) 作詞:坂手洋二 歌:中川晃教 ガルシア・マルケス原作、蜷川幸雄演出 演劇作品
※今秋上演予定でしたが、延期になっています。


中川晃教さんの歌が素晴らしかった!まるで芝居でもしてるかのような入り込みようですごかったです。延期になってしまったけど、「エレンディラ」がとても楽しみになりました!!
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:観劇(2005-2006)
SHINKANSEN☆RS『メタル マクベス』
青山劇場 2006年6月10日(土)18:00
S席1階G~J列センター

何度目の観劇かは・・・・・置いといて、とても楽しめました!!

5月に観たときも公演ごとに少しづつ変わっていったところがあったけど、さらに進化してました!
ランダムスター(内野さん)とランダムスター夫人(松さん)の結構はげしい?キスシーンがあったり、ランダムスター夫人が狂っていった時にランダムスターが夫人をベットに寝かせた後に額にキスしたりと、前観たときはなかったと思います。
松さんの「小さい方にしとけばよかった」という台詞にはぐっときます。歌声もいいし♪素敵です☆

森山さんの“炎の報告”♪の時の動きはどんどん激しくなってます!あの柔軟さはすごい!!
マクダフ(北村さん)とのシーンもますます面白くなってるし(笑
“明けない夜はSO LONG”♪の時のスクリーン映像もちょっと変わってたようです。新感線すごい!!

この日の冠さんの昭和歌謡メドレーは、富士サファリパーク♪昭和歌謡なのかどうかですが(笑

この日は松さんの誕生日でした!!
カーテンコールではハッピーバースディ♪の歌の時にスクリーンに“2?才”とあってセーラー服(だったと思うけど、記憶が曖昧)の松さんの画像もあって!松さん倒れてました(笑
バースディケーキも出てきて、ケーキを指でちょっととって最前列のひとりにあげてました。羨ましいです!!
そんな日に観劇できてよかったです!!

で、松さんのファンクラブで唯一取れた大阪大楽のチケットが届きました!今日と同じくらいの11~14列のサブセンターと良い席で嬉しいです。とても楽しみです!その前に来週も観に行くんですけど。

テーマ : 観劇 - ジャンル : 学問・文化・芸術

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:サッカー
優勝はイングランドかドイツ

グループリーグ突破おおざっぱに予想
グループA ドイツ、ポーランド 次点にコスタリカ
グループB イングランド、スウェーデン 次点にパラグアイ
グループC セルビア・モンテネグロかコートジボワール、アルゼンチンかオランダ
グループD ポルトガル、メキシコ 次点にイラン
グループE イタリア、チェコかアメリカ
グループF 予想はしません。日本に突破してほしい!
グループG フランス、スイス 次点に韓国
グループH スペイン、ウクライナ


関連記(2005/12/9) http://nomuken.blog37.fc2.com/blog-entry-21.html

テーマ : サッカー - ジャンル : スポーツ

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:観劇(2005-2006)
ウィー・トーマス  東京グローブ座  プレビュー初日6月6日(火)19:00開演
[作]マーティン・マクドナー [演出]長塚圭史
[出演]高岡蒼甫、岡本綾、少路勇介、チョウソンハ、今奈良孝行、富岡晃一郎、堀部圭亮、木村祐一

D~F列(2列~4列目)
※C列が最前列


覚悟はしていたんですけど、死体を切り刻んだりとかとてもグロテスクなシーンがあります。
でも、それ以上に銃声の方が怖かったです。何度も体をビクッとさせてしまいました。周りの人に感じられていたかな~ 恥ずかしい・・・

こういう描写は苦手なんですけど、なぜか観ることができるのは演出の長塚圭史さんの上手さかなって思いました。
役者にもう少し迫力がある芝居ができればとも思ったんですけど、舞台が初だったり経験が浅い役者が多い中、台詞の間が悪くなかったからか嫌に思うことなく観ることができました。長塚さんのおかげかな~

芝居がどうなっているか、

テーマ : 演劇 - ジャンル : 学問・文化・芸術

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:観劇(2005-2006)
ヴァージニア・ウルフなんかこわくない?  シアターコクーン  初日6月5日(月)18:30開演
[作]エドワード・オルビー [翻訳]徐賀世子 [演出]ケラリーノ・サンドロヴィッチ
[出演]大竹しのぶ 稲垣吾郎 ともさかりえ 段田安則

特設S席Z3列(1~3列目)
四方を客席がステージを囲んでいて、ステージと特設S席に段差はありません。とても間近で見ることができました。
座席形状や内容は公式サイトを参照↓
http://www.siscompany.com/03produce/14virginia/

休憩が1幕と2幕の間に15分と2幕と3幕の間に10分だったと思います。休憩含め約3時間の舞台でした。

2幕からの大竹さんと段田さんの芝居は流石です。内容どうこうより、ふたりの芝居を間近で見ることができただけで満足です。
ともさかりえさんも私は良かったと思うし、稲垣さんも頑張っていたと思います。
舞台セットはずっと変わりませんが、周舞台で時々ステージが回転します。
出演者4人のシンプルな舞台だけど、楽しめました!

◆Read More◆ »

テーマ : 観劇 - ジャンル : 学問・文化・芸術

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:観劇(2005-2006)
企画ユニット地球ゴージャスプロデュース公演Vol.8
「 HUMANITY 」 THE MUSICAL ~モモタロウと愉快な仲間たち~
新宿コマ劇場 2006年6月3日(土)18:00
16~19列センター
[作・演出・出演]岸谷五朗 [演出・出演]寺脇康文
[出演]唐沢寿明、戸田恵子、高橋由美子、植木豪(PaniCrew)、蘭香レア 他


楽しめた舞台ですけど、ちょっと満足不足ではありました。
内容は大人向けではあるんだけど、子供も楽しめるような感じのミュージカルだったという感じです。

蘭香レアさんは初見だったんですけど、見ていて気になりました。戸田恵子さんはいいな~ 特に最後の歌が♪

この日は唐沢寿明さんの誕生日で、カーテンコールでバースディ・ソングありで、ちょとコメントありでした!

テーマ : 観劇 - ジャンル : 学問・文化・芸術

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:舞台情報
メタル マクベス・ライブの情報がやっと新感線の公式サイトにアップされたようなので。

『LIVE! METAL MACBETH』
<出演>
内野聖陽(vocal) 冠 徹弥(vocal)
MMG~Metal Macbeth Group~
岡崎 司(guitars) 高井 寿 (guitars) 前田JIMMY久史(bass)
岡部 亘(drums) 松田信男(keyboards) 松崎雄一(keyboards)
<日程>
大阪公演:なんばHatch 7月13日(木)・14日(金)18時開場/19時開演
東京公演:SHIBUYA-AX 7月18日(火)・19日(水)18時開場/19時開演

詳細は新感線の公式ページのNewsにあります。
http://www.vi-shinkansen.co.jp/index.html


現在上演中の舞台「メタル マクベス」終了後にライブがあるのは嬉しいですね。舞台上のバンド「メタルマクベス」のメンバーや他の出演者も出演してくれればさらに嬉しいんですけど。
でも行けるかどうかはわからないです。
チケットは入手は困難ですよね~

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:舞台情報
阿佐ヶ谷スパイダースの次回本公演が発表されています。
2000年に下北沢駅前劇場にて上演された「イヌの日」を改訂バージョンアップするそうです。2000年のは観ていません。
楽しみです!


阿佐ヶ谷スパイダースPRESENTS『イヌの日』
作・演出:長塚圭史
出演:内田滋、剱持たまき、八嶋智人、大堀こういち、村岡希美、玉置孝匡、
松浦和香子、/中山祐一朗、伊達暁、長塚圭史/、美保純
2006年11月9日(木)~26日(日) 本多劇場
全国ツアー 仙台→大阪→福井→名古屋→新潟→福岡→広島

テーマ : 演劇 - ジャンル : 学問・文化・芸術

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:舞台関係(TV)
メモ


WOWOW
「スジナシ」6月2日(金)午後10:00
「労働者M」6月16日(金)午後10:10

「スジナシ」は、29・30日収録分はダイジェストのようです。“蜷川演出など舞台経験の豊富な広末と”と説明されてますけど、その説明は生瀬さんに当てはまることで、広末さんはつかこうへいさんの舞台経験しかないと思います。

テーマ : 美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル : 学問・文化・芸術

| BLOG TOP |

copyright © 時と空間の温もり all rights reserved.Powered by FC2ブログ

カスタマイズ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。