月別アーカイブ


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


プロフィール

NOMUKEN

Author:NOMUKEN
舞台のこと中心に、映画、サッカー、椎名林檎・東京事変のことなどを気ままに書いています

トラックバック・コメントは御自由にどうぞ
ただし私が好ましくないと判断したものは削除させていただきます


カテゴリー


ブロとも申請フォーム


DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:舞台情報
メモ


「血の婚礼」
2007年5月3日~20日 東京グローブ座
原作:フェデリコ・ガルシア・ロルカ 台本・演出:白井晃 音楽:渡辺香津美
出演:森山未來、ソニン、浅見れいな 岡田浩暉、新納慎也、尾上紫、池谷のぶえ、陰山泰、根岸季衣、江波杏子、渡辺香津美


「ワンマン・ショー」
2007年6月7日(木)~6月17日(日) シアタートラム
作・演出:倉持裕
出演:水野美紀、小林高鹿、ぼくもとさきこ、玉置孝匡、内田慈、近藤智行、吉川純広、小島聖 ほか
スポンサーサイト

テーマ : 演劇 - ジャンル : 学問・文化・芸術

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:舞台情報
三宅弘城さんが出演されるということでチェック!


「宝塚BOYS」
2007年6月ル テアトル銀座
7月 兵庫、新潟、札幌、名古屋 他
脚本:中島淳彦 演出:鈴木祐美
出演:葛山信吾、吉野圭吾、柳家花緑、三宅弘城、佐藤重幸、須賀貴匡、猪野学、山路和弘
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:舞台情報
出演者が発表されました。
大倉孝二さん戸田恵子さんなどが出演されるということで、楽しみです。

「橋を渡ったら泣け」
シアターコクーン 2007年3月5日(月)~3月29日(木)(予定)
一般発売:2007年1月中旬(予定)
作:土田英生 演出:生瀬勝久
出演:大倉孝二、奥菜恵、八嶋智人、小松和重、鈴木浩介、六角精児、戸田恵子 他
※速報ちらしより


関連記11/2 http://nomuken.blog37.fc2.com/blog-entry-337.html

◆Read More◆ »

テーマ : 演劇 - ジャンル : 学問・文化・芸術

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:観劇(2005-2006)
蜷川さんの演出で、堤真一さん秋山菜津子さん毬谷友子さん高橋洋さんらが出演されるということでとても楽しみにしていました。


内容については具体的なことは書きません。

最後の方は、どこがっていう具体的な説明はできないんだけど感動しました。蜷川さんの思いがのった演出に圧倒されたっていうのがあったかもしれないし、役者の芝居にっていうのもあったかもしれないし、それぞれの役の気持ちを感じてっていうのもあったかもしれないし。
たぶん大人ほど感じられるものがあるんじゃないのかなぁって思いました。

特に堤真一さんの芝居がすごくよかった。役柄はかっこよくはないんだけど、芝居をしている姿がとてもかっこよかった。今回は近くで見ることができたので、表情を含めて芝居の上手さを感じました。
秋山菜津子さん高橋洋さん段田安則さんも流石です。素晴らしい!
毬谷友子さんの出番は少ないんだけど、とても難しい役だと思いました。信子の役を毬谷友子さんがキャスティングされたのがわかった気がします。とてもよかったです!
常盤貴子さんはまだ舞台出演が2本目なので、やはり経験の浅さを感じました。他の出演者がみんな舞台経験が豊富で上手いし。

蜷川さんの演出はすごいです!素晴らしい舞台でした。
また観に行きます。


「タンゴ・冬の終わりに」
シアターコクーン 初日2006年11月4日(土)19時開演 S席1階XC~C列センター
演出:蜷川幸雄 作:清水邦夫
出演:堤真一、常盤貴子、秋山菜津子、毬谷友子、高橋洋、月川悠貴、岡田正、塚本幸男、新橋耐子、沢竜二、品川徹、段田安則 ほか

テーマ : 観劇 - ジャンル : 学問・文化・芸術

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:映画
笑いあり感動ありでとてもよかったです。実話ですよね。
お勧めです☆

蒼井優さんは「花とアリス」でのバレエのシーンもよかったけど、「フラガール」でのフラダンスのシーンもとてもよかった!動きがきれいです。

できたらまた見に行きたいです。


「フラガール」
MOVIXさいたま 2006年11月1日(水)
監督・脚本:李相日 
脚本:羽原大介 
音楽:ジェイク・シマブクロ 
出演:松雪泰子、豊川悦司、蒼井優、山崎静代(南海キャンディーズ・しずちゃん)、池津祥子、徳永えり、三宅弘城、寺島進、志賀勝、高橋克実、岸部一徳、富司純子

テーマ : 邦画 - ジャンル : 映画

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:映画
先週末、初めて東京国際映画祭のクロージング・セレモニーに行きました。オーチャードホールも初めて。

クロージング・セレモニーに続いて、「犬神家の一族」のワールド・プレミア上映。
上映前には監督・出演者による舞台挨拶がありました。尾上菊之助さんと富司純子さんは親子初共演。
映画は寝不足だったからか、後半はほとんど・・・


第19回東京国際映画祭
クロージング作品「犬神家の一族」
オーチャードホール 2006年10月29日(日)
監督:市川 崑
原作:横溝正史
脚本:市川 崑、日高真也、長田紀生
出演: 石坂浩二、松嶋菜々子、尾上菊之助、富司純子、松坂慶子、萬田久子、深田恭子、中村敦夫、仲代達矢


・東京 サクラ グランプリ
 「OSS 117 カイロ、スパイの巣窟」 監督:ミシェル・ハザナヴィシウス
・審査員特別賞:
 「十三の桐」 監督:ルー・ユエ
・最優秀監督賞
 監督:ジョナサン・デイトン&ヴァレリー・ファリス 「リトル・ミス・サンシャイン」
・最優秀主演女優賞
 アビゲイル・ブレスリン 「リトル・ミス・サンシャイン」
・最優秀主演男優賞
 ロイ・デュピュイ 「ロケット」
・最優秀芸術貢献賞:
 「父子」 監督:パトリック・タム
・観客賞
 「リトル・ミス・サンシャイン」 監督:ジョナサン・デイトン&ヴァレリー・ファリス
・最優秀アジア映画賞
 「父子」 監督:パトリック・タム
・日本映画・ある視点:作品賞
 「ミリキタニの猫」 監督:リンダ・ハッテンドーフ
・日本映画・ある視点:特別賞
 高良健吾(男優) 「M」
・3回黒澤明賞
 ミロス・フォアマン(映画監督)、市川 崑(映画監督)

テーマ : 邦画 - ジャンル : 映画

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:舞台情報
生瀬さんの演出作品は観たことがないです。脚本では「JOKER」を観たことがあるんだけど、演出されるのも観てみたいです!
誰が出演者されるのか気になります。


「橋を渡ったら泣け」
作:土田英生 演出:生瀬勝久
シアターコクーン 2007年3月5日(月)~3月29日(木)(予定)
一般発売:2006年12月中旬(予定)
※ 出演者未定

テーマ : 演劇 - ジャンル : 学問・文化・芸術

| BLOG TOP |

copyright © 時と空間の温もり all rights reserved.Powered by FC2ブログ

カスタマイズ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。