月別アーカイブ


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


プロフィール

NOMUKEN

Author:NOMUKEN
舞台のこと中心に、映画、サッカー、椎名林檎・東京事変のことなどを気ままに書いています

トラックバック・コメントは御自由にどうぞ
ただし私が好ましくないと判断したものは削除させていただきます


カテゴリー


ブロとも申請フォーム


DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:映画
29日の夜に観に行きました。2回目です。
同じ映画を2回以上映画館へ観に行ったのっていつ以来だろう?
日本映画では記憶にないなぁ
それほどこの映画はいいです!! 面白くて 感動して

昭和33年 私はまだまだ生まれていないけれど、何だか懐かしい感じがしました
それよりかなり後の時代だけれど、小さい頃はまだ駄菓子屋
があった時代で、「くださいな」って言ったなぁって

人と人とがとてもオープンな時代
今の人(子供も大人も)はとても閉鎖的になってしまったみたいに感じます
寂しいことです

テレビや冷蔵庫がやってきて あんなにもみんなで喜べるなんて素晴らしいよ!
今は物があふれているけれど その物に感動するというより、
その物の欠点など「ここがだめだなぁ」とか「ここがこうなればなぁ」とか
そんなふうに思ってしまっていることが多いんじゃないかなぁと


第30回報知映画賞で作品賞、助演男優賞(堤真一さん)、
助演女優賞(薬師丸ひろ子さん)受賞!!
堤真一さんも薬師丸ひろ子さんもとても良かったけど、
私は吉岡秀隆さんと小雪さんの役柄・演技にとても感動しました
茶川(吉岡秀隆さん)とヒロミ(小雪さん)の指輪のシーン
茶川が淳之助をたたくシーンと最後の追っかけた後のシーン
ヒロミの最後のシーン
あと掘北真希さんもよかった!


素晴らしい映画です!!
忙しくて という人ほど観に行きましょう!
子供、大人、年齢に関係なくお薦めです
悲しい映画ではありません でもハンカチは持っていた方がいいでしょう

公式サイト:ALWAYS 三丁目の夕日

 

スポンサーサイト

テーマ : 映画感想 - ジャンル : 映画

コメント

TB

させていただきました。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


続・三丁目の夕日


「ALWAYS三丁目の夕日」という映画について、もっと知りたくなって映像プロダクション白組に勤めている弟から資料を送ってもらった。資料には、この映画づくりの裏話・エピソードなどがたっぷり詰まっていた。監督・脚本・VFXを山崎 貴という人が担当していたことを


日替ランチ180


桜坂秋太郎です。「ALWAYS 三丁目の夕日」を鑑賞してきました。ボクは原作の漫画をまったく見てないので、先入観無しに観ることができたと思います。広告とかニュース類の情報で、昭和33年をモチーフにした映画である事は知っていました。ストーリーについては、団員の宝田


ALWAYS 三丁目の夕日


2005年 日本映画TOHOシネマズ南大沢にて鑑賞~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 昭和33年、「戦後」から「高度成長期」に移行する時代の東京を描いた作品です。 その時代に少年時代を過ごした世代(



copyright © 時と空間の温もり all rights reserved.Powered by FC2ブログ

カスタマイズ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。